記事一覧

保健師さんによる「命の授業」

2018.02.09

ファイル 68-1.jpgファイル 68-2.jpg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

 霧島市保健センターの保健師2名を講師にお招きし,「いのちの授業」が行われました。子供たちは5年生の理科の学習で生命の誕生について学習していますが,外部の方の話を聞くのは初めてです。母親の子宮の中での成長の様子や親子で苦労して工夫してこの世に産まれてくる様子等語っていただいた後,生まれたばかりの赤ちゃんの人形を抱っこする体験を行いました。子供たちは大切にされてきたこと,命を受け継いでいくことを実感していたようです命の現場に携わる方々からの話は子供たちの心に確実に響いていました。
 ■□■子供たちの感想□■□
・ 代々受け継いできた命をこれから先にも確実に伝えていきたいと思いました。
・ お母さんは大変な思いをして自分を産んでくれたから,感謝してもしきれない…
・ 赤ちゃんの扱いや煙草・飲酒の危険性について学んだことを自分が親になった時に生かしていきたい。

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー