Diary (思い出の記録)Vol,2
     <01・1月〜2003・12月>

2001・1月25日
    「夢紡ぐ綾ー母と娘のデュエットー」、出版。母との共著はこれが初めて。
   〃,東京・あかね書房よりカナダの絵本「スマッジがいるから」の翻訳依頼。
   2月16日
    母方の姉で最愛の伯母、死去。(享年・78)
    私がカナダの絵本
HOW SMUDGE CAME『スマッジがいるから』の翻訳・出版に取りかか
   っていた最中の訃報であった。
   4月 翻訳終了。校正のため、編集局長とのメールのやり取り開始。
   6月 第2冊目の絵本、「スマッジがいるから」を翻訳・出版。初めての体験。
   8月 梅原司平コンサートin国分市民会館。花束贈呈。
   9月19日
    鹿児島県の福祉広報誌「ありば」(英語のBarrier「バリア<障壁、壁>」を逆さ
   に読んだもの)の取材依頼。
   〃,22日、梅原司平30周年記念コンサートin東京(中野サンプラザ)
     コンサートなど、詳しい情報はプラナ企画のHPまで。
  10月7日
    NPO法人療育センター「燦燦」の開所式in島根。
    前の島根大学障害児教育教室教授・佐藤比登美先生と平田市内で再会。
   〃,鹿児島県の福祉広報誌・「ありば」に掲載。
   〃,日本作文の会「作文と教育」(新年特集号)の原稿依頼。しかも原稿用紙で25
    枚!
  12月 同、脱稿。新年特集号に掲載

2002・1月16日
    南日本新聞コラム「一筆啓上」の原稿開始。
  
 〃,初日の原稿完成。8日には掲載される。今年は6月まで一筆啓上の原稿書きは続
    く。
   2月 2回目、19日に掲載。新聞の休刊のため、予定日より1日遅れ。
   3月 3回目、26日に同掲載。
   4月 4回目、30日に同掲載。
   5月18日
    熊本県人吉市、おこば保育園でのスピーチ&交流。
    保育園でのスピーチは初めてであったが、お昼寝途中のとてもかわいい子どもた
   ちの寝姿を見学することができた。
    この園の園長先生であり、住職でもあるご主人様の大歓寺で初めて鐘をつく体験
   させて頂いた。その鐘の音はどっしりと心に響くものだった。
    翌日、家族三人で球磨川下りをした。気持ちのいい川下りだった。
   6月 5回目、半年間のコラムもついに脱稿。11日に最後の稿が掲載される。
  11月14日
    岩崎ファミリー、来鹿。長島美術館のレストランで昼食。楽しかった(^^)。
   〃,18日、大姶良中学校(日当山中学時代の体育担当・二川明美先生の前任校)で
    スピーチ&交流。
     講演後には1年3組の生徒の皆さんが校内の音楽室で歌を特別披露してくれた。
    感動のあまり思わず涙が出てしまった。
     また、体育館でも踊りを披露。テレビ画面では見ることのできない南中(北海
    道の稚内市立稚内南中学校の名前)ソーランの迫力満点の踊りを生で見て大感激。
   〃,28日、元カナダ大使夫人で、バンクーバー在中のコピソン珠子様と日本カナダ
    友好協会鹿児島支部の小園様との出会い(鹿児島空港)
     コピソンさんは私が翻訳・出版したカナダの絵本
HOW SMUDGE CAME「スマッジがい
    るから」を含む200冊を現地のサイモン・フレーザー大学を通じて日本の国会図書
    館内にある国際子ども図書館に寄贈された方だ。当時、同大学の異文化言語セン
    ターで日本部の部長をしておられていたこともあり、貴重なお話を聞くことがで
    きた。 
  12月7日
    わが町・隼人町の人権啓発推進まちづくり講演会(隼人町環境改善センター)
    家族三人の載ったとてもきれいなカラー写真つきチラシやポスター、垂れ幕があ
   ちこちに下がり、部落の有線放送やヘリコプターでも宣伝して下さった。その時の
   写真を額縁に入れて下さり、後日には講演後のアンケートが届く。なかには「こん
   な身近な隼人町に岩元綾さんがいることを誇りに思った」という感想もあり、心強
   く感じた。
   〃,26・27日、九民研(九州民間教育研究会)in鹿児島・霧島(霧島ロイヤルホテ
    ル)
     開会セレモニーで、大姶良中学校(11月18日に訪れた講演先)の皆さんが南中
    ソーランを披露。躍動感と若さ溢れる彼らの踊りにのり、750名を超える多数の
    参加だった。
     研究集会の英語の分科会で、今まで朗読したことのなかった
HOW SMUDGE CAME「ス
    マッジがいるから」を初披露。講演疲れもあり、不本意な発表だったが、勉強に
    なった。

2003・1月20日
     17年前の2001年、東京・練馬でのダウン症児親の会「ちゅうりっぷ」の会創立
    20周年記念講演会でお世話になった前会長の倉園様をはじめ親の方々と1年4ヶ月
    ぶりに再会。
     一緒にいわさきちひろ美術館に行った。そのあと望月健太郎くんの喫茶店へ。
     名は「ノスモ」。なんともおもしろい名前の店だが、私のHPを見られているお
    気づきの方々はご存じだろうか。なんと英語の
No Smoking(禁煙:ノー・スモーキ
    ング」)の頭文字「ノ・ス・モ」をもじったものなのだ。タバコのない健太郎く
    んのシンプルな喫茶店で話が弾んで楽しいひとときだった。
   2月16日
    故、伯母の三回忌。
   3月 西日本新聞の取材に江田様、来訪・取材。30日に掲載。
   4月26日
    診断と治療社編集部の土井様より「小児科診療」の原稿依頼。埼玉県立小児医療
   センター遺伝科の大橋博文先生の企画。
   6月20日
 
   西日本新聞系列TVQテレビ(株式会社「匠塾」)の製作番組「九州の女」の松本
   様ご一行、来訪・取材。
    同番組、放映。
   〃,23日、ダウン症児親の会「ひまわり会」10周年記念講演会in福島。
     会長・菅野様との出会い。
     講演後の懇親会で、子どもたちとSMAPの「世界に一つだけの花」をカラオケ初
    体験。私のお気に入りのCDコレクションに加わって感激(^^)
     NHK福島放送で大きく放映。
   8月29日
    「小児科診療」(診断と治療社)の原稿、脱稿。
    この日はN響(NHK交響楽団)のコンサートだったので、息抜きに家族三人で鹿児
   島市内の市民文化センター(宝山ホール)へ。
    どの曲も生で聞くことができて感動的なものばかりだった。チェリストで故・徳
   永兼一郎さんの弟さんである二男さんのバイオリンの音色がとてもよかった。

   9月 劇団・民芸の「アンネの日記」を初めて観劇。
     以前に「アンネの日記」の文庫本を持っていて内容は知っていたが、ワンシー
    ンずつ抜粋されていてつなぎが少し分かりづらいところもあった。演技派の日色
    ともえさんや奈良岡朋子さんなどのすばらしい俳優さんが出演していて、とても
    よかった。握手したかったなあ・・・
  11月 診断と治療社編集部担当の土井様より医療機関誌「小児科診療」(医学書出版)
    の校正が届く。2004年1月に掲載される予定。
   〃,27日、無名塾のミュージカル「森は生きている」を観劇。
     音楽・池辺晋一郎さん、美術・妹尾河童さんのすばらしいタッグで見ごたえの
    あるものだった。なかでも役者生活50年を迎える主宰者の仲代達矢さんと娘さん
    の奈緒さんという父娘共演も見ることができて、とてもおもしろかった。
  12月 両親の最初の本「走り来れよ、吾娘よ」に登場して下さり、私の幼稚園・大学
    時代に大変お世話になった吉川先生、逝去。家族三人で鹿児島市内の斎場へ。告
    別式に参列。

トップページに戻る