学校長挨拶

 国分南小学校は,昭和50年に東小・敷根小・下井小・上之段小の4校が統合して誕生した学校で,今年で創立44年目を迎えます。統合前の4小学校の歴史と伝統を受け継ぐとともに,国分南小学校としての新しい歴史と伝統を一つ一つ刻みながら今日まで地域と共に歩んできた学校です。本年度の児童数は409人,学級数16学級の中規模校です。  校区内には,検校川,下井海岸,上野原縄文の森などがあり,自然環境に恵まれています。また,学校のすぐ近くには,東九州高速自動車道のインターチェンジや国号10号線と220号線の分岐点があり,鹿児島空港や鹿児島市内まで約30分で行ける交通の要所にもなっています。  平成28・29年度の2年間,霧島市学習指導法改善(国語科)研究協力校の指定を受け,「他教科・領域で活用できる『話すこと・聞くこと』に関する国語科指導の在り方」について研究し,昨年の10月には,その成果を発表しました。本年度は,これまでの研究成果を生かしながら「道徳科における表現力の育成」に取り組んでいるところです。  次代を担う子どもたちが,地域の歴史や伝統を大切にしながら,自分の夢をもち未来を切り拓いていくことができるよう全力で指導・支援していきたいと思っています。