霧島ジオパークについて

幾多の噴火により形成された霧島山の生い立ち

霧島山の北側には、約52万年前に形成された小林カルデラと約34万年前に形成された加久藤カルデラがあります。これらの南端にある霧島山の火山活動は、加久藤カルデラの形成を境に古期と新期に分けられ、現在の地表で見られる火山のほとんどは新規の活動によって作られました。

約34万年前

現在のえびの市・湧水町を含む地域で大規模な噴火が発生。
周辺には大量の火砕流が堆積し、加久藤カルデラができました。


栗野岳などの古い火山を土台として白鳥山、大浪池や夷守岳などの火山が活動しました。


約3万年前

シラス台地をつくった大噴火(姶良カルデラの噴火)によって、
霧島一帯にシラスが堆積しました。桜島はこのとあとに活動を始めた火山です。


飯森山、甑岳や韓国岳などの火山が活動しました。


韓国岳が大きな噴火をして、現在の姿をつくりました。南東部では古高千穂峰が活動を始めました。


約7,300年前

鬼界カルデラの噴火による火山灰が霧島山周辺に堆積しました。


高千穂峰が完成した後、約4,600年前に御池が大噴火しました。また、大幡山や不動池でも溶岩をともなう噴火活動がありました。


約1,500年前に活動を開始した御鉢が成長しました。新燃岳が再び噴火を始め、えびの高原では硫黄山ができました。これらの噴火による災害の記録が多数残されています。


前のページへもどる