新着情報

【新燃岳の噴火警戒レベルが2から1に引き下げられました】

2017.5.26


1.気象庁による発表

霧島山(新燃岳) 噴火予報:警報解除 【5月26日14時00分】(福岡管区気象台・鹿児島地方気象台)
→以下、気象庁による発表事項の写しです。

(見出し)
<霧島山(新燃岳)に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意):警報解除を発表> 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められなくなりました。<噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引下げ>

(本文)
1.火山活動の状況及び予報警報事項
 新燃岳では、2011年1月からの噴火活動が収まり、同年9月7日を最後に噴火は発生していません。火口内に蓄積した溶岩のわずかな膨張が継続してきたことから小規模な噴火の可能性があると判断してきましたが、2016年夏頃から膨張は停滞しています。同年10月以降に火口付近で繰り返し行った現地調査でも火口内及び周辺の噴気や熱異常域の状況に変化はみられませんでした。また、火口近傍の傾斜計による地殻変動観測、地震活動等その他の観測データにも特段の活動の高まりを示す変化はみられていません 。  
 これらのことから、新燃岳では火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められなくなりました。

2.対象市町村等  
 以下の市町村では、特段の警戒が必要なくなりました。
 宮崎県:小林市
 鹿児島県:霧島市

3.防災上の警戒事項等
 活火山であることから、火口内及び西側斜面の割れ目付近では、火山灰や火山ガス等の規模の小さな噴出現象が突発的に発生する可能性がありますので注意してください。なお、これまでの噴火による火山灰などの堆積等により道路や登山道等が危険な状態となっている可能性があるため、引き続き地元自治体等が行う立入規制等に留意してください。

さらに詳しい火山解説資料はこちら↓
霧島山(新燃岳)の火山活動解説資料【5月26日14時00分】(気象庁)


2.新燃岳周辺の立入規制の状況
 以下の図の範囲において、立入規制が行われています。

▲霧島山の登山道規制図(宮崎県HPより引用)。

【今回通行可能となる登山道】大幡池~大幡山
【引き続き通行禁止の登山道】新湯~新燃岳
              湯之野~新燃岳
              中岳中腹~中岳~新燃岳
              大幡山~獅子戸岳~新燃岳
              韓国岳~獅子戸岳~新燃岳


▲霧島市が設定した、新燃岳火口および西側割れ目火口列周辺の警戒区域(霧島市HPより引用)。

詳しくは、宮崎県および霧島市のホームページを参照してください。
新燃岳の噴火警戒レベル引下げに伴う登山道の規制等について(宮崎県)
新燃岳の噴火警戒レベル引下げにより、新たに警戒区域を設定しました(霧島市)


  1. 3.関連リンク
    鹿児島地方気象台
    宮崎地方気象台
    えびのエコミュージアムセンター
    宮崎県
    えびの市
    前のページへもどる