井村隆介先生のつぶやき
2013年10月22日、気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き下げました。噴石に警戒が必要な範囲は、火口から1km以内となりますが、登山道は荒れていますので、実際の登山は現地の看板に従ってください。
・マークをクリックすると情報ウィンドウが開き、その中の写真をクリックすると解説が別ウィンドウでポップアップします。
・背景地図は右上のボタンで選択してください。
・地質図は産総研シームレス地質図詳細版を使用 (→凡例画像)。ただし、20万分の1より大縮尺では地質図は表示されません。
・地質図表示中に任意の場所をクリックすると、その地点の地質情報がポップアップします。
凡 例
 :噴出物
 :降灰対策・処理
 :避難所
 :遠望
 :被害
 :教育・その他
 /:モデル見学コース
 /:解禁された登山道
 :入山規制区域(r=2km)












霧島ジオパーク推進連絡協議会に戻る
新燃岳山頂の見える場所