本文へスキップ

奉仕の理念を奨励し躍進する TheRotaryClub of Kokubu

TheRotary of Kokubu

President(Club)

2017-18年度 会長 川崎千加のプロフィール

氏   名 ・・・・・・・・・・川崎 千加(かわさき ちか)          
生年月日・・・・・・・・・・昭和52年09月01日  
血液型・・・・・・・・・・・・ AB型
趣 味・・・・・・・・・・・・・ロータリー・大型バイク・車
愛読書・・・・・・・・・・・・・ロータリーの友・ガバナー月信
好きな音楽・・・・・・・・・ロータリーソング
好きな言葉・・・・・・・・・ピンチピンチ、チャンスチャンス、ランランラン♪♪
好きな人・・・・・・・・・・・〇〇〇〇とロータリアン
天才的遍歴・・・・・・・・・ありそうな??
RC入会年月日・・・・・・・平成24年10月04日


勤務先  有限会社 国分ハウス 代表取締役
   〒899-4461 鹿児島県霧島市国分上之段1360-1
      TEL 0995-48-2642  FAX0995-48-2643
会長あいさつ

2017-2018 年度 会長を務めさせて頂くことになりました。
さて、「ロータリーとは何ですか?」と、友人から言われた一言から始まった国際ロータリー会長 イアン・ライズリー氏
始めの挨拶の言葉に私はとても衝撃をうけました。
私の思うロータリーとは、人と出会い・活動を通して・人間関係を深め学ぶのだと思っています。
実際にロータリークラブに入会して 多くの方々と出会いました。
一つひとつの活動を通し学ぶことも多いです。
私一人では、出来ない事を思いつかないことを、皆様の力をかりいろんな事が出来る可能性を持っているのが、ロータリークラブなのではないでしょうか?
可能性のあるクラブだからこそ 100 年以上の歴史があるのだと思います。
そして、国分ロータリークラブも40 年の歴史があるのだとおもいます。
1 年間という短い間ですが、自分なりに精一杯頑張ります。
ありがとうございます。




スローガン 『理論から実践へ』 

(基本方針)

本年度 イアン・ライズリーRI会長が「変かをもたらす」
「ロータリーとは何ですか」という問いに、「私たちは行動を持って応えます。奉仕を通じて変化をもたらします」とテーマを掲げられました。
国分ロータリークラブでは、上下関係なく仲間意識があり助け合いの精神があります。さこに一歩踏み出しロータリーの理解をし、より仲間意識を深めたいと思ってします。
会員一人ひとりが、「自分に何ができるのか?」「皆のために何ができるのか?」を念頭に置き、考え 行動 協力することでロータリーを知り変化が出てくれるのではないかと思っています。


(運営方針)

1. 月一度の委員会ごと活動の話し合いにより、活動を活性化

2. 「退会者ゼロ」を「ロータリーを楽しめる」を目指して新会員・3年未満の   会員・ベテラン会員のロータリー研修会・意見交換会

3.
 地域に歓迎される奉仕活動の継続・賛同できる催事への積極的参加及び支援   協賛。

4. 友好クラブ、子クラブとの交流。



アクセスカウンター