本文へスキップ

 教育の新しい風を霧島の地から! 輝く明日を霧島の子供たちに!

霧島市GIGAスクール構想    giga in kirishima city

「GIGAスクール構想」とは?

教育方針イメージ  「GIGAスクール構想」とは、児童生徒向けの一人1台端末と、高速大容量のネットワークを一体的に整備し、多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化された創造性を育む教育を、全国の学校現場で持続的に実現させる構想のことです。(「GIGA」とは、Global and Innovation Gateway for Allの略)
 Society5.0(※)時代を生きる子供たちにとって、教育におけるICTを基盤とした先端技術の活用は必須です。また、変化の激しい時代を生き抜くには従来の一斉教育だけではなく、多様な子供たちを誰一人取り残すことのない、個別最適化された創造性を育む教育の実現が重要であり、ICT教育で次世代の人材を育てる必要があります。

(※) 狩猟社会(Society1.0)、農耕社会(Society2.0)、工業社会(Society3.0)、情報社会(Society4.0)に続く新たな社会として、サイバー(仮想)空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会のことです。

霧島市における「GIGAスクール構想」

目標イメージ  霧島市では、令和3年3月までに、小学校3年生から中学校3年生までの児童生徒が使用する端末の整備が完了しました。また、今年度は小学校1、2年生の端末が整備され、一人1台の環境が整います。
 授業支援ソフト「ロイロノート・スクール」やAIドリル「navima(ナビマ)」を授業等で積極的に活用する中で、児童生徒の個別最適な学びと協働的な学びの実現を図るとともに、教職員のICT活用能力を更に高めていきます。

 ・保護者向け文書(2021年5月14日)

information

霧島市教育委員会

〒899-4393
鹿児島県霧島市国分中央三丁目45番1号
TEL(代).0995-45-5111
FAX.0995-64-0731