Diary(思い出の記録)vol. 3
 <04・1月~2005・11月>


2004・1月25日
    「みんな同じ人間、同じ命ー命の重さに変わりはないー」が「小児科診療」:医学書出版
   ー診断と治療社ー第67巻・2号)特集・染色体異常の包括的ケアーに掲載。
    第16回障害者歯科学会での講演でお世話になった徳島大学小児歯科学講座前教授(現・モ
   ンゴル健康科学大学)の西野瑞穂先生から素敵なお手紙。そのほか小児科に携わる先生方か
   らの反響あり。
   〃,「小児保健研究」の原稿、脱稿。 
   2月 長年の宿題だった英文HPがやっと完成しました!
   3月12日
    かごしま文庫の会主催:
MAGIC CANDY DROP『魔法のドロップ』の朗読会(鹿児島県立図書
   館)
    詰めかけた親子連れの人達は熱心に静かに聞いて下さった。
   〃,28日、南日本新聞社国分支社の本坊様、来訪・取材。31日に掲載。
   4月7日
    関西テレビ放送報道局・報道部の小橋様ご一行様、来訪・取材。
    鹿児島空港の近くの西郷隆盛公園でお会いし、着床前診断についてのダウン症者本人とし
   ての私の思いを聞くための取材だった。初めて聞く診断ではあったが、インタビューを受け
   ているうちに出生診断と関連性と重ね合わせていた。
   〃,9日、前進座公演「鳴神」を見に鹿児島市民センター(宝山ホール)へ。
     初めて見る歌舞伎だったが、興味深く見入った。
   〃,13日、私の「みんな同じ人間、同じ命ーMy Dream Came True!(夢は実現した!)ー」
    が公益社団法人日本小児保健協会の機関誌「小児保健研究」(第63巻・2号)に掲載。
 
  〃,読売新聞コラム「余響」に掲載。4月14日に田口様と再会。
 
  〃,18日、第8回世界ダウン症会議(サンテック・コンベンションホール:シンガポール)
     ワークショップ・マーライオンの部で、人間の平等や命の尊さについて45分間のスピー
    チ。
     最初は緊張したが、無事終えることができた。
     現地では34度という気温でとても暑く、冷房のよく効いた会場の出入りは大変なものだ
    った。ずっと私たちを取材していた現地のテレビ取材班に助けられた。
   5月15日
     南日本新聞社・文化部の吉田様、来訪・取材。17日に掲載。
   〃,16日、西日本新聞社の東様、来訪・取材。22日に「ひと欄」に掲載。
   〃,18日、関西テレビ放送報道局・報道部の小橋様ご一行、鹿児島へ再来訪・取材。
     小橋様はとてもきれいで、気さくな方だった。
     小さいお子様がいらっしゃるとのことで、一生懸命に働いておられる姿は同じ女性とし
    てすごいなあと思った。
   〃,22日(1日目)、旧JDSN(日本ダウン症ネットワーク)通常総会&公開講演会(大阪城
    ホール・コンベンションセンター)
     懐かしい方々との再会。とても嬉しかった。
     突然の体調の変化で本来のスピーチは思うようにできなかったが、前日の関西テレビ放
    送(カンテレ)の特集として夕方のニュースで報道されたこともあり、立ち見が出るほど
    の多数の参加。
   〃,23日(2日目)、主催:京都市児童福祉センターでの講演(京都市国際文化会館)
     市川先生や宮ノ前先生との出会い。また、父のかつての柴田様ともお会いした。
     大阪から京都へ移動しながらの講演で少し疲れもあったが、スピーチの最後に読む絵本
    の朗読ではピアノに合わせながらリラックスして読み終えることができた。
   6月 「九州の女たち」の校正、終了。
   8月3日
    新英研(新英語教育研究会)全国大会(福岡・原鶴温泉郷のホテル)でのスピーチ。
   〃,29日、NPO法人JACFA(日本カナダ友好協会)主催:カナダアニメーションinかごしまー
    アニメ映画上映(東京・鹿児島)ー(かごしま県民交流センター2F・中ホール)
     日本カナダ協会鹿児島支部の小園様と3年ぶりの再会。
     会場の2階ホールの展示室には日本カナダの絵本が展示されていた。なかには私の物心
    ついた頃に読んだ絵本が何冊かあってとても懐かしく見入ることができた。
     17年前の2001年に私がカナダの絵本HOW SMUDGE CAME「スマッジがいるから」を翻訳・
    出版していたこともあったので、現地のかわいい絵本を翻訳してみたいという気持ちもあ
    った。
     JACFA(日本カナダ友好協会)の代表・浅海道子様と一緒に講演。
   9月29日
    TOG(東京オペグループ)のセミナー(穴原温泉・吉川屋ホテルin福島)
    講演旅行初日、松島に前泊。
    ホテルの部屋の窓から見える中秋の名月がとても美しく、きれいだった。
    講演後にはTOG(東京オペグループ)の皆様と裏磐梯(裏磐梯高原)をバス観光しながら
   楽しく交流できて嬉しかった。
    福島からの帰りの飛行機でめったに見ることのできない富士山を見た。
  10月8日
    福岡市PTA連合会主催・障害児啓発研修会(福岡市立少年科学文化会館)
    帰りの飛行機に夕方の便で乗る時間を利用し、ルーブル美術館展を見に私たち家族の長
   年の思い入れのある福岡市美術館へ。 
   〃,27日、父方の祖母(8年前の2008年8月、死去)のための温泉旅行。
     伯父・伯母の三家族とヘルパーさん同行。とても楽しかった。
  
 〃,29日、母方の祖父の50年祭(鹿児島市内のレストラン)
     伯父・伯母、いとこ達と久しぶりの再会を喜び合う。
     その夜は我が家で大阪の伯父・伯母と楽しい晩餐会ができた。
     この日は久木田学園看護専門学校の学園祭での講演だったため、昼食の途中で抜け出
    して吉田町へ。
     あいにくの雨だったにもかかわらず、校内の体育館前でこれから医療の場に行かれる
    看護学生の皆さんが笑顔で出迎えてくれた。講演後には学園祭の実行委員の学生さんた
    ちから大きな花束をもらい、とても嬉しかった。

2005・1月22日
  
  朝日新聞社発行「ASAHIパソコン」APの取材。清水様来訪。
   〃,25日に取材終了。
   2月21日
    セカンド・シングル『池上線』(1981年)の70万部以上が大ヒット、今もコンサートや
   ライブ活動など多方面でご活躍中の歌手・西島三重子さんが16年前の2002年に先生と生徒、
   親と子の架け橋になればという思いを込めて作曲した『おひさまのたね』。
    この歌は15年前の2003年に「おひさまのたね蒔き運動」のテーマソングとして作られ、
   子どもの健(すこ)やかな成長を祈る親の気持ちを歌ったものだ。このようなCDの英訳に
   最初は本当に私のような者でいいのかという不安もあったが、何度も訂正しながらやっと
   完成にこぎつけることができた。
   〃,25日、日フィル(日本フィル)のコンサートを聞きに家族三人で行く。(宝山ホール)
    
<鹿児島市民文化センター>
      最大の見せ場は鹿児島大学医学部の医師で、歌うドクターこと・米澤傑先生とオペラ
    歌手の中丸三千絵さんによる歌声だった。オペラのアリアをそれぞれが歌い、プッチー
    ニの「蝶々夫人ー第一幕よりー」愛の二重奏はお二人の息がピッタリ合っていてとても
    よかった。
     さらに米沢先生のテノールによるトスカの歌劇「星は光りぬ」は母の好きな歌のひと
    つで、これも最高なものだった。日フィルの演奏も迫力満点であり、実際に生で聞くと
    何ともいえない感動が味わえた。
   3月1日
    「ASAHIパソコン」ー教育とバリアフリー欄ー(4月1日:増大号)に掲載。
    パソコンは苦手な私なのにとてもよく書かれている。
   〃,2日、シンガポールでの世界ダウン症会議の会場でお会いしたオランダの女性から頂
    いた
英語版絵本The Silver Swan(シルバースワン『銀の白鳥』ー作:マイケル・モー
    パーゴ 挿絵:クリスチャン・バーミンガムー)の翻訳を少し直訳なところもあるが、
    自分専用のパソコンで自分なりに訳し終えることができた。
     主人公の少年と銀の白鳥との運命的な出会いが織りなすとても素敵な物語で、挿絵も
    美しいタッチで描かれている。白と濃い青色の透明な色彩は私の好きな印象派のモネの
    絵を思わせる。いつの日か日本の子どもたちもぜひ読んで欲しい。
   〃,3日(ひなまつり)、樗木様より講演会後のアンケートが届く。
     386名というお集まり下さった方々の寄せられたアンケートにはわが子に対する思い
    を綴ったものや学校、施設での障害を持っている方々の対応などがぎっしり書かれてい
    た。その一枚一枚に感動しながら読んでいくうちにダウン症や障害や出生前診断につい
    ての考えが変わったなどの感想があって、とても嬉しく感じた。

   4月30日
    
MAGIC CANDY DROP『魔法のドロップ』(作:松田幸久 挿絵:黒田康子ー20年前の98年、
   乳がんより逝去ー 訳:岩元綾)が麻生武・浜田寿美男編『よくわかる臨床発達心理学:
   第3章・障害とその周辺ー障害を生きるということー』(ミネルヴァ書房)に掲載。(信州
   大学の玉井真理子先生からの依頼。)
   6月16日
    世界ダウン症会議inシンガポールでのスピーチタイトル
My Dream came True!(夢は実
   現した!):ー
Everyone is the same human, same life(みんな同じ人間、同じ命)ー」が
   DSI(国際ダウン症連合)の機関誌「
Down syndrome News and Updateー優れた業績ー」と
   して掲載。
   〃,19日(父の日)、ひまわり幼稚園(園内ホール)でのスピーチ&交流。
     シスター先生をはじめ東・桑畑・宮脇両先生と5年ぶりの再会。
     今回は保護者(父親)参観日講演会で、自分の原点の幼稚園時代を振り返りながらこ
    れからの夢についてスピーチをする。
     講演後にはシスター(Sr)重先生の閉会の挨拶。でも先生は話の途中で涙が止まらず、
    言葉にならなかった。

 
  〃,父のことばの本『ことば育ちは心育て』に添える「夢を追うー今の私ー」を脱稿。
   7月21日
 
  〃,「夢を追うー今の私ー」の校正終了。
 
  8月18日
 
   『ことば育ちは心育て』、届く。
    表紙のカバーは現在、全国各地で平和への歌を歌い続けている富山県出身のシンガーソ
   ングライター・梅原司平さんをお父様に持つ息子さん・梅原龍さんの布絵。とてもきれい
   な本で、かわいい本になった。
    メインは父であるが、私も母もそれぞれ書き添えた。
  
 〃,20日、第45回民教連(民間教育連合会)父と娘のジョイント講演会(鹿児島県立短期
    大学)
     私の小・中学時代からの先生方、講演旅行先でお世話になった大学の先生方とも再会
    でき、懐かしく思った。
     MAGIC CANDY DROP『魔法のドロップ』の朗読に私と同じダウン症者で、大親友・大原
    雅代さんのピアノ伴奏とのコラボレーション。朗読を終えて舞台を下り、雅代さんと抱
    き合いながらお互いに喜びを分かち合った。
 
  9月23日
     講演旅行初日、待望の兼六園へ。
     北陸の冬の風物詩・雪吊りと夜のライトアップが私たちの目を釘付けにさせる。とて
    も広くて、テレビ画面では見られない所も実際に回れて最高だった。
   〃,24日2日目)、室生犀星記念館へ。
     犀星の詩集をはじめ、各詩人の詩集全集を以前から持っていて今でも重宝している。
    忙しくなければ読書の秋には読みたいものだ。
     地元・石川県出身である犀星が絵本をたくさん書いていたとは!とても意外なことで、
    驚いた。
     昔、記念館の近くを流れる犀川(愛称:男川)は雨が降る度に川の水が暴れて氾濫し
    たことから呼ばれたそうだ。もう少しゆっくり歴史を誇る犀川のほとりを散策してみた
    かった。
   〃,25日3日目)、聞くまっしシステム2周年記念講演会(石川県女性センター)
    (「聞くまっし」は金沢弁で「聞いてください」の意味)
     朝本・山下・田畑両先生をはじめ、金沢・福井・富山の北陸三県ダウン症児(者)親
    の会「あのねの会」会長の中西様や石塚様との出会い。
     講演会後の懇親会で中西様が私と同じシンガーソングライター・梅原司平さんの追っ
    かけファンであることを知り、驚いた。
     立山を超え、黒部に出た。一度行ってみたいと思っていた所だったので、テレビ画面
    だけでは見られない黒部ダム(通称:黒四ダム)も実際に見ることができた。立山の景
    色も黒部ダムも、どれも息をのむほどの絶景だった。
     立山からゴンドラで長野に下り、安曇野ちひろ美術館や無言館へ。
     詳しいことは私のHP
「美術館巡り」Part1へどうぞ。
   
10月27日
 
    KKB鹿児島放送局・元報道部の中村(旧姓池上)様ご一行、来訪・取材。
     中村様とは私の大学卒業から長きにわたって密着取材をさせて頂いたことがあり、久
    しぶりの再会でとても嬉しかった。
     今回は我が家の3冊目の本『ことば育ては心育て』のためで、1回目は28日に放映。
   11月1日
    「ことば育ちは・・・・」、2回目の放映。
    テレビ朝日系の報道番組「スーパーJチャンネル」の九州・沖縄ローカルニュースの特
   集として放映。

        
     
                                  トップページに戻る