Diary(思い出の記録)vol, 4
  <0
6・2月~12月

   2006・2月1日 
      以前から財団法人台湾唐氏症(ダウン症)基金会の強い要望のあった両親の最初
     の本「走り来れよ、吾娘(あこ)よー夢紡ぐダウン症児は女子大生ー」が中国語に
     翻訳され、台湾で出版される。
      98年に出版して以来、20年の年月を経てまさか中国語版として出版されるとは思
     わなかった。同じアジアの国としてとても嬉しい出来事だった。大感激!!
(^^)
 
  
 〃,81日目、いよいよ台湾へ出発。
  
     台湾東販と台湾ダウン症基金会のとても心温まる深い歓迎を受ける。
       瀬戸様と出版記者会見の開かれるホテルやサイン会のあるアジア最大の国際的
      なブックフェア会場の下見に行く。

 
   9(2日目)雑誌Here』、『Yappyの取材
      
昼、台湾料理のレストランで台湾料理をごちそうになる。とてもおいしかった。
       会場内のホテルで、台湾唐氏症(ダウン症)基金会理事長の林様や執行委員の
      李様との交流。その後、出版記者会見・サイン会。
       すべて初めてのことばかりだった。ちょうど台湾では旧正月の真っ只中で、ホ
      テルへ帰るメインストリートの側にあるランタンの光がとてもきれいだった。

    
〃,10(3日目)、李様の運転される保育園の送迎バスで台北市立美術館へ。
       台北で最も大きな美術館だけあって、展示物もたくさんあって見ごたえがある
      ものだった。詳しくは私の
HP「美術館巡り」の中で紹介する。
      
 Tiffany Chen(ティファニー・チェン)さんご一家とお会いし、一緒に現地の
      保育園を回る。また、台湾唐氏症(ダウン症)基金会の事務所にも行った。

 
   
 〃,11日(4日目)、台湾師範大学(日本の旧東京教育大学ー現・筑波大学ー)で
      スピーチ。
       私の拙い中国語の挨拶で始まり、ティファニーさんの通訳のもとで安心してス
      ピーチは無事終えることができた。途中で何度も会場から拍手が起きた。
       講演後、理事長の林様から日・台家族交流の楯や素敵なプレゼントを戴いた。
 
    〃,12日(最終日)、台湾東販の陳呉様や顔様と一緒に故宮美術館へ。
       詳しくは私のHP「美術館巡り」の中で紹介する。
       帰り際、ホテルの前で編集部の片山様から日本語版帯入りの中国語版を頂いて
      大感激。(^^)
       空港で、顔さんや陳呉さんとの別れは少し心残りがして私も母も涙ぐんでしま
      った。

  
  
〃,17日、日フィル(日本フィル)ハーモニー交響楽団のコンサートに家族三人で
      行く。(宝山ホール:年間2,000万円、5年間の契約で焼酎「宝山」などを発売し
      ている酉酒造に命名権売却され、12年前の2006年4月より改称された)
<鹿児島市民
        文化センター>

       私の好きなドボルザークの「新世界ーわが祖国よりー」はCDで聞くのとは違い、
      実際に生で聞くとインパクトや臨場感があって迫力満点の演奏だった。
       それから館野泉さんのピアノ曲もよかった。館野さんが脳溢血で右半身不随と
      なり、闘病の日々を過ごしながら左手による演奏会で復帰し、音楽を愛する私た
      ちに生きることの大切さと感動を与えてくれた。

    
〃,28日、南日本新聞社文化部(現・日置支局)の川口様、来訪・取材。
       今回は父のメインの本「ことば育ちは心育て」の取材。3月10日の教育欄に掲
      載。
    
 3月5日
       NHK鹿児島放送局の森様、来訪・取材。8日にも再来訪・取材。
   
  〃,9日、さきどり!情報かごしまの特集として二回放映。
   
  〃,読売新聞・鹿児島支局の木野様、来訪。4月4日に掲載。
   
  5月14日
      おおすみ療育ネットワーク発足1周年記念講演会(鹿屋市役所・第7会議室)
      会場に足を運んで下さった多くの方々が私の拙いスピーチを熱心に静かに聞いて
     下さって、とても嬉しかった。
      最後の
MAGIC CANDY DROP「魔法のドロップ」の朗読では、松田先生のギターに乗り
     ながら気持ちよく終えることができた。
   
  〃,29日、小・中学校時代からの同級生が実家の隼人町に帰ってきて、とてもかわ
      いい産まれたての赤ちゃんを連れて私の家に会いに来てくれた。結婚、出産と慌
      ただしい生活の中で新しい命を授かった彼女にとって一児の母となったのは一番
      の喜びだったのではないかと思う。久しぶりに再会し、ひとまわり大きくなった
      んだなあと感じた。
     6月4日
      第1回あつまれ!!ちばダウン症児・者ファミリーとなかまたちの会(千葉大学け
     やきホール)
      この会は千葉県内のダウン症児・者本人と家族、親の会の方たちが一堂に集まっ
     てネットワークの会・「ダンデライオンの会」がスタートしたことを祝う会。
      会場のホール内で石井琢磨先生と久しぶりに再会。でも石井先生は慌ただしく働
     いておられていたので、ゆっくりお話することができなかった。
  
   〃,5日(2日目)、水戸川様が私たち家族をクレヨンハウスに案内して下さった。
       作家・元文化放送アナウンサーであり、同ハウスの代表者でもある落合恵子さ
      んとの出会いは17年前の2001年、隼人町での人権講演会の時に色紙と名刺を頂い
      ていたが、残念ながら留守だった。
       2階ホールの絵本館には初めて見る絵本が並べてあり、絵本の世界に入り込ん
      でしまったような感じだった。なかには私の子どもの頃の懐かしい絵本もあって
      とても楽しく見ることができた。 
  
   8月23日
      第9回世界ダウン症会議inカナダ・バンクーバー。
  
   〃,
24日(3日目)16年前の2002年に鹿児島空港で小園様(日本カナダ協会鹿児
      島支部)
ー6年前の2012年に逝去ーとご一緒にお会いした元カナダ大使夫人・コ
      ピソン珠子先生のご案内で、
HOW SMUDGE CAME『スマッジがいるから』の原作者の
      ナン・グレゴリーさんのお宅の夕食に招待された。とても心に残る思い出の日だ
      った。
   
  〃,26日(4日目)、同会議の
Talent show(タレントショー)で、MAGIC CANDY DROP
      『魔法のドロップ』を朗読。
       読み終えた時の割れんばかりの拍手喝采は私にとって忘れられない想い出とな
      った。
       詳しくはHP
トピックスPart2「私のカナダ紀行(バンクーバー)」をご覧下さい。
 
   10月7日
      ダウン症児親の会「ピュア」の会講演会(羽島市文化センター・みのぎくホール)
      講演会後の交流会の雰囲気がとても和やかだった。
    
 〃,8日(2日目)、世界遺産・白川郷へバスで上った。この日はあいにくの雨とい
      う天候で少し肌寒かった。
       雪に覆われた白川郷の景色もいいが、少々の雨でも風情があって合掌造りの歴
      史をたどるのもいいなあと思った。冷えた体が高山のホテルの温泉で温まって最
      高の気分だった。
       講演旅行の最終日、高山祭りの山車(だし)を見に行く。
       高山祭りがあるとは知らなかった私たち家族にとって最高の巡り会わせだった。
      祝日ということもあって人が多く、一時迷子になりかけたが、思い出に残る旅だ
      った。
       渋草焼きの夫婦茶碗をお土産に買った。
       家に帰り着いて4,5日後、ピュアの会からきれいなオンシジウムの鉢植えが届
      いた。
  
   〃,29ダウン症の集いin大阪(近畿大学内11月ホール)
       懐かしい方々との再会。
       講演後の交流会で、放送中の朝のNHK連続ドラマ「芋たこなんきん」のナレー
      ション・住田功一アナウンサーと初めてお会いすることができた。娘さんが私と
      同じダウン症者であることで、お話も聞くことができて嬉しかった。
   
  〃,30(2日目)、(高台寺御用達)オリジナルボックスかもがわの村上様が高
      台寺内の掌美術館を案内して下さった。とても勉強になった。
       かもがわ出版編集部の鶴岡さんと豊臣秀吉の妻・ねねが余生を送った高台寺へ。
       放送中のNHK大河ドラマ「功名が辻」の舞台にもなったという。
       実際に中に入ってみると、豪華絢爛というよりも質素な建物だった。ねねが生
      涯こよなく愛した高台寺の庭園を見ることができた。
       400年も前に建てられたという茶室でお茶を頂いた。入口が小さくて狭い所で
      はあったが、静かな茶室でお茶を飲むのは初めての体験だった。

      
昼は京料理のお店で鶴岡様とのおいしい昼食。 
     
 昼食後、鶴岡さんと新しく改装したばかりの古民家風のかもがわ出版へ。社内
      のギャラリーも小ぢんまりとしていて、とてもかわいかった。

 
    〃,31日(3日目)、大阪・枚方市内の母方の伯父の家に一泊。
       みんなでテーブルを囲む夕食はとても楽しく、初めて食べた鮟鱇(あんこう)
      鍋もおいしかった。
       次の日、伯父の車で枚方市内の霊園へ。桜の満開になる春が見ごろで一番きれ
      いとのこと。叔母は今、その墓に眠っている。カナダの世界会議で世界会議賞を
      受賞した時の楯を持って行って天国の叔母に報告した。
 
   11月20日
      第21回鹿児島県障害者保健福祉大会(鹿児島市民文化ホール)
      私が物心ついた頃から今は亡き叔母(母方の姉)と時々遊びに行ったことがある
     所だ。懐かしさが込みあげてきた。
      会場内のホール前の受付では、県の職員の方々が忙しく走り回っていた。福祉課
     の係長様をはじめ障害福祉係の上村様がいろいろとご配慮頂き、とても嬉しかった。
     司会の方も上手だった。
      講演後、私が生まれた時からの鹿大病院の婦長さんとお会いできた。
 
    
 〃,30日地元の南日本放送(MBC)の「ふるさと かごしま」の取材。
       地福様やフリーランスアナウンサー・西様ほか、2名のカメラマンさん来訪。     
 
   12月2日
      午前に放映。
  
   〃,3日宮田町・若宮町合併記念「ふれあいの集い」記念講演会(宮若市中央公
      民館若宮分館)
       司会を務めて下さった古野様は鹿児島県指宿市出身ということもあって、初め
      てお会いすることができてとても嬉しかった。実行委員会の皆様から頂いた大き
      なバラの花籠は美しかった。(写真右下)
       12月21日の西日本新聞に「命の重さは誰も同じ」として掲載される。

                                              

                                                         
      
        
                                                                                         

 2006年もあとわずかとなった。
 今年は海外(台湾・カナダ)に二度も出かけて、忙しい年
だった。自分自身としては課題も残ったが、充実した一年だ
った。反省の気持ちを込めて来年へ!!

トップページに戻る