直線上に配置
ようこそ!岩元綾のホームページへ

 98年3月に私が(ダウン症者として初めて4年制大学)鹿児島女子大学(現・志学館大学
:7年前の2011年4月、キャンパスを霧島市から鹿児島市紫原ー旧鹿児島女子短期大学キャ
ンパスーに移転)を卒業してから20年が過ぎました。その間に北は北海道から南は沖縄ま
でダウン症への理解を求めながら命の尊さや人間の平等を訴えて現在も講演・交流活動を
続けています。
 また、海外では三つの世界会議と一つの海外講演をやってきました。(詳細は思い出の
記録,講演・交流活動をご覧下さい)それから、下記のように絵本の翻訳などもして出版
しています。
 趣味は音楽鑑賞と辞書引き(^^)です。どうぞよろしくお願い致します。
 18年前の2000年に念願のパリへ行き、この時の様子をもう一つの夢・私のパリ紀行に
まとめ、「夢紡ぐ綾ー母と娘のデュエットー」として17年前の2001年に出版することがで
きました。この記念すべき本のタイトルをHPの名前にしました。

                         

岩元 綾  著

ーダウン症のわたしからー

 人間の染色体は2本ずつ、23対ある。その中で21番目の染色体がなぜか1本多く3本になる。これが21トリソミー(ダウン症)だ。この1本がさまざまな障害をもたらすと人々は言う。
 しかし、母はこの1本多い染色体にはやさしさと可能性がいっぱい詰まっているという。その言葉は私の心を救った。
 目を閉じて、21番目の染色体の中には無限の可能性もあると想像してみて!きっとあなたもやさしくなれる!
 

|

 

  

Vol.19<2015.1〜3>





 

21番目のやさしさに

私の新刊書です!!

かもがわ出版HP

たゆまぬ努力がゆっくりとこころと言葉の成長をもたらしてきた綾さん。
じっくりと考え、丁寧に言葉を紡ぐことで、いのちの大切さを表現する綾さん。
彼女との語らいは感動そのものです。      

            大阪医科大学小児科教授 玉井 浩

「愛(いと)おしきいのちのためにーダウン症のある私からー」の感想はこちら

ことば育ちは心育て

 父は私の日記などを中心にしながら、ことばが育つ三つの条件に
ついて書いています。母は、私が絵本とのかかわりの中でことばを
育ててきたことを書いています。
 私は夢を追いかけながら歩んできた自分を振り返り、今の私を書
いています。
 少し短いですが、あとは私の新しい本『21番目のやさしさに』を
ご覧下さい。お求めはかもがわ出版へ。5刷りになりました!

 2007年4月1日、中国語に翻訳され、台湾で出版。

走り来れよ、吾娘よ
 岩元甦子・昭雄著
   (かもがわ出版)
  
 副題・ー「夢紡ぐダウン症児は女子大生」ー。岩元甦子・昭雄著
 この本は私の誕生から大学までの成長を両親が書いたものです。
ダウン症の親の方々や療育関係者・学校の先生方、医療関係者の方
々に広く読まれて大好評です。また、各大学でのテキストとしても
使われ、多くの学生さんたちにも読まれています。「一般の子育て
の書や教育書としても優れている」と言われています。
 読書の秋におすすめの1冊です。
17刷りになりました!
 お求めは書店または直接出版社へ。
 2006年2月1日、中国語に翻訳・台湾で出版! 
アイコン MAGIC CANDY DROP
松田幸久作
黒田康子絵
岩元綾英訳
(石風社)
 「魔法のドロップ」の英訳本。
 著者の松田幸久先生は鹿児島県鹿屋市在中の小児科医です。
 日本語と英語が併記になっていますので、どの年齢層でも英語に
親しめます。また、私の拙い朗読CDもありますので、これもよろし
くお願い致します。
 車イスに乗った主人公のケンちゃんは、アリさんの町に行ってど
んな冒険をするのでしょうか?わくわく、ドキドキ・
 お求めは書店・直接出版社、または「えほんの会AYA」まで。
アイコン 夢 紡 ぐ 綾
岩元 綾・甦子著
 (かもがわ出版)
 副題・ー母と娘のデュエットー。岩元綾・甦子著
 2000年最後の年の6月に家族三人でパリへ行った時の様子を書いた
ものです。これは私のあらたなスタートであり、第1作目の本です。
詳しくはかもがわ出版のホームページまで。
 書評(作文と教育・2002年4月号 JDSニュース・第339号)コラ
ム・(読売新聞)エッセー(夢紡ぐ綾によせて)は
こちらをクリッ
(N0.1) (No.2)
 2007年10月、3刷りできました!お求めは書店またはかもがわ出
版へ。
スマッジがいるから
 ナン・グレゴリ−作
ロン・ライトバーン絵
岩元 綾 訳
 (あかね書房)
 原題は「How Smudge Came」。
 カナダではいくつもの賞を取った有名な作家の作品で、カナダを
代表する絵本です。挿絵がとてもきれいです。
 主人公のシンディーはダウン症ですが、ストーリーには出てきま
せん。シンディーに拾われた子犬のスマッジがいつしか人の心を癒
してくれていたのです。シンディーのように純粋で心優しい気持ち
になれるかもしれません。ぜひ読んでみて下さい!
 この本は全国学校図書館協議会・日本図書館協会の選定図書、日
本子どもの本研究会の選定図書にもなっています。1999年、アメリ
カではすでに25万部売れています。
 2007年7月、第5刷。お求めは書店またはあかね書房へ。

|

|

Vol,2 <01〜2003>

Vol,3 <04〜2005>

Vol.8<09.1〜09.7>

Vol.9<09.7〜>

Vol.10<2010.1〜5>

メール アイコン

                              物質的に豊かな国に住んでいる
                   私たちでもどこか心が満たされないでいる
                   いらない命なんてないんだよ
                   あなたはあなたのままでいい
                   生きる希望を見失いかけているあなたにぜ
                  ひ読んでほしい(弁護士・大平光代)

                                                         

|

Vol, 4 <2006>
Vol. 5<07/1〜8>
Vol,6<07.8〜08.8>

Vol.7<08.9〜08.12>

Vol.11<2010.6〜12>

Vol.12<2011.1〜7>

Vol.13<2011.7〜10>(1)

心やさしい掲示板に!

 岩元昭雄 著
   甦子
   綾

(かもがわ出版)

New!

Vol.19<2015.4〜(2

New!

New!

Vol.22<2018.1〜

Vol.21<2017.1〜

New!

Vol.20 <2016.1〜

My Family(私の家族紹介) <鹿児島県・福祉のまちづくり広報誌「ありば」より>
              No.1 ←クリック→ No.2

 
父は好奇心が旺盛で、いつも心は若々しいです。パリに家族三人で行き、ハプニングでスイー
トルームに泊まった時も、いきなり椅子の数を数え始め、32脚あったと言います。
 母は出不精ですが、私が講演に行く時はいつも一緒に出てくれます。時々、とんちんかんなこ
とを言って私たちを笑わせます。そんな私の家族ですが、どうぞよろしくお願いします!!

 My Column(コラム)初めて書いた南日本新聞のコラム「一筆啓上」・五回分
              <ここをクリック> No,1, No,2, No,3
 
2002年1月から6月まで。初めは慣れなくて大変でしたが、最終稿を脱稿した時はほっと
したと同時にまた一つ達成感を味わうことができました。

                                      

*以下のサイトは、2003年以前のものです。現在とは異なる部分が
あります。

かもがわ出版刊

|

*

|

かもがわ出版

Contents(コンテンツ)

Trip Talk
(講演・交流活動

はじめに
Vol,1 98/5〜2000
Vol,2 <01〜2003>
Vol, 3 <04〜2005>
Vol. 4 <06〜2007 >
   Diary
 (
思い出の記録

  

はじめに・好きな言葉

Vol,1 <98/1〜2000>

vol.13<2011.11〜(2)

Vol.14<2012.1〜

Vo.15<2012.7〜

Vol.18<2014.1〜
新刊案内

New!

*講演会やその他のお知らせはこちら

我が家のこれまでに出版した本

New!

New!
私の好きな曲たち
Part,2

Part,1

Around Museums(美術館巡り)

New!

トップページに戻る

New!
Part,2(私のカナダ紀行)
New!
トピックス Part,1

New!

New!

新聞記事(No.1)はこちら
       (No.2) 

*未掲載のものもあります

New!

My Poem room

New!

Vol.16<2013.1〜

HP開設祝い

講演・交流活動ー感想文編ー

Vo.17<2013.5〜

Another(その他)