Trip Talk (講演・交流活動) Vol. 4
   <06・2月〜2007・10月>

2006・2月11日
    台湾、台湾師範大学(日本の旧東京教育大学ー現・筑波大学ー)でスピーチ。

    
教室は多くの子ども連れの若いお父さん、お母さん方で満員。
    初めての中国語で挨拶をすると、大きな拍手が起きた。会場に足を運んで下さった
   多くの方々が私の拙いスピーチを熱心に聞いて下さって、英語の部分でも拍手が湧い
   た。とても嬉しかった。
    講演後もたくさんの質問も出され、主に母が応えた。
    最後に、財団法人台湾唐氏症(ダウン症)基金会の理事長・林様より日・台家族交
   流記念の楯などを戴いた。詳しくは私のHPの
トピックスPart1をご覧下さい。












   
6月4日
    千葉県、第1回あつまれ!ーちばダウン症児・者ファミリーとなかまたちーでスピ
   ーチ(千葉大学内けやき会館大ホール)
    千葉大学医学部の石井先生と久々の再会。先生も張り切って大学内を走り回ってお
   られた。
    私たち家族の講演が始まるまではいろんなイベントがあった。
    講演会は無事、終えることができた。千葉大学の学生ボランティアの皆さんやダウ
   ン症児親の会「ダンデライオン」の皆様、本当にいろいろとお世話になり、お疲れ様
   でした。
   〃, 5日、東京、JDS目黒準支部「木苺の会」設立記念講演会でスピーチ。(守屋教
    育会館)
     今年できたばかりの出来立てほやほやの新しい会で、わずか3週間の取り組みで
    なんと北は北海道から南は愛媛まで、静岡、愛知、埼玉、山梨など遠方からはるば
    る来られた参加者もあり、会場はいっぱいだった。(インターネットの力ってすご
    い!)
   8月25日
    カナダの世界ダウン症会議の三日目、
Grouse Mountain(グロース・マウンテン)の麓
   の静かな環境の障害者療養施設
Cascadia(キャスケーディア)でスピーチ。講演後、
   代表の方に日本人形のお土産を差し上げた。とても喜ばれた。
    (詳しくはHP
「私のカナダ紀行・バンクーバー」をご覧下さい)

  10月7日
    岐阜県、ダウン症児親の会「ピュア」の会でスピーチ(羽島市文化センター・みの
   ぎくホール)
    初めての岐阜での講演ではあったが、会場に足を運んで下さった多くの方々が私の
   拙いスピーチを静かに熱心に聞いて下さってとても嬉しかった。
    講演会後の交流会で司会をされた代表の安達様が涙を浮かべてお話をされていたの
   で、聞いていた私自身も胸が熱くなった。私たち家族の本「走り来たれよ、・・・」
   を読んで感動して下さった方々がたくさん来ておられていて、本当に会えてよかった
   と話しておられた。
   〃,29日、大阪府・ダウン症の集いの二日目に講演(近畿大学・11月ホール)
     とてつもなく大きな大学と広いホールに圧倒されそうだった。
     一日目(28日)のオープニングセレモニーには佐々木元治さんのドラム、実行委
    員長の武部啓先生の挨拶で始まった。
     ずっとメールのやり取りで講演会の打ち合わせをしていた実行委員会事務局の米
    田様は実際にお会いしてみると、意外に若い学生さんのような方だった。巽純子先
    生はとても忙しく走り回っておられた。
     構内ではダウン症児親の会「ピュア」の会長・安達様のご主人様や12年前の2006
    年のカナダ(バンクーバー)での世界会議でお会いした滋賀の田中様、大阪教育大
    学の先生方とばったりお会いした。
     19年前の99年に兵庫へ行った時のダウン症児親の会「かたつむりの会」の田中直
    子様、岸上様と久しぶりに再会。また京都の市川澄子先生とも再会できた。
     講演会のあとには東京学芸大学の菅野敦先生がとても感動したと言って下さった
    ので、嬉しかった。

  11月20日
    鹿児島、第21回障害者保健福祉大会で講演(鹿児島市民文化ホール)
    小児科保健学会で講演した所で、とても懐かしい気持ちだった。県内での講演は数
   多くあるが、緊張していてなかなか思うようにいかないという課題も残った。福祉の
   あり方を見直すきっかけとなり、勉強になった。 
    さすが鹿児島県の行事ということもあって、たくさんの職員の方達が準備にあたっ
   ておられて足継ぎなどすぐに準備して下さった。

  12月3日
    福岡県、宮若市社会福祉協議会「ふれあいの集い」で講演(宮若市中央公民館若宮
   分館)
    宮若市は宮田町と若宮町が合併した市で、今回はその一周年を記念する講演会だっ
   た。市長さんや教育長さんも見えて驚いた。椅子が次々に運び込まれ、予想をはるか
   に超える方々の参加者で280名の方々が静かに熱心に聞いて下さった。

                                        

  5月14日
   鹿児島県鹿屋市、おおすみ療育ネットワーク発足1周年記念講演会(鹿屋市
  役所・7階大会議室)
   このおおすみ療育ネットワークはまつだこどもクリニック院長の松田幸久
  先生を中心にできた会で、医師、医療・療育関係者などがたくさん集まった。
   この日、初めて
MAGIC CANDY DROP(魔法のドロップ)の著者・医師の松田先生のギタ
  ー演奏に合わせてコラボレーション。記念すべき講演会だった。講演後、たくさんの
  アンケートが届く。 

  北海道・旭川、生まれて初めて北の大地に足を踏み入れることができた。広い
 の一言に尽きる。
 〃,27日(2日目)、岩元綾ファミリー講演会ー心育てはことば育ちーでスピー
  チ(サンアゼリア3Fホール)
   主催:フライングキッズ・旭川小鳩会,旭川手をつなぐ育成会。
   フライングキッズの利根川様との出会い。
   詳しくはトピックスPart3の北海道紀行をご覧下さい。できればなんとか写
  真を入れながら紀行文を作りたいと思っているが、いつの日になるか・・・  
 〃,30日(4日目)、悠悠クラブ講演会「夢を育み、今を生きる」でスピーチ
  (札幌コンベンションセンター)
   主催・NPO法人札幌市指定児童デイサービスセンター 悠悠クラブ。
   代表の山田様親子との出会い。
   広々とした、とても素敵なホールだった。ダウン症の子どもたちを抱えた若
  いお父さんやお母さんたちだけでなく大学の先生方が私の拙いスピーチを熱心
  に聞いて下さって、とても嬉しかった。詳しくはトピックスPart3の北海道紀
  行をご覧下さい。
 
     

7月26日

2007・3月18日
    鹿児島県、姶良町(現・姶良市)社会福祉協議会主催:第3回あいら福祉フェステ
   ィバルで講演(姶良町中央公民館・大ホール)
    オープニングセレモニーは地元の重富中学校・ブラスバンド部の皆さんによる演
   奏。私たちの大好きな曲「花の街」の演奏もあった。

          

 昼食に食べた非常食は初めての経験だったが、とてもおいしかった。
 姶良町社会福祉協議会の担当の田丸麻衣子様はとても感じのよいきれいな方だった。
 また、過去最高の参加者だったということだった。たくさんのメールやお手紙を頂いた
皆様にも感謝!!

あいら福祉フェスティバルにて

 スタッフの皆さんがせっかく踏み台を準備して下さったので、お言
葉に甘えてスピーチをさせて頂いた。(写真右)一度踏み台に足を載
せると、会場の人たちの顔がよく見えた。
 私の拙いスピーチを会場の人たちが静かに熱心に聞いて下さって、
とても嬉しかった。たくさんの懐かしい方たちとも交流でき、充実し
た有意義なフェスティバルだった。出店もあって、午後はいろんなも
のを買い求める人たちでにぎやかだった。

松田先生のギター演奏に合わせて

 東京・立川、第11回多摩福祉会議研修会「夢や希望をあきらめない」で講演(黎
明会あかつき・4F集会室)主催・八王子平和の家,滝乃川学園,あかつき,町田
福祉園ほか。
 遠くは岩手、新潟、群馬からも私たちの講演を聞きに来て下さった。立川での講
演は初めてであったが、福祉の勉強につながるとても充実した体験だった。   
   

10月28日

 6月15日
  鹿児島、国立鹿児島医療センター附属看護学校(現・独立行政法人国立病院機構
 鹿児島医療センター附属鹿児島看護学校)の学園祭でスピーチ。
  18年前の2000年にも講演で行ったことがあって今回で2回目となる。あの時の懐
 かしい看護学校で当時の副校長先生と再会でき、ここでスピーチできたのは胸に込
 みあげてくるものがあった。
  これから命の現場に行かれる看護学生の皆さんが私の拙いスピーチを暑い中を熱
 心に静かに聞いて下さって、「いい看護師になります」というメールをもらってと
 ても嬉しかった。
 〃,24日、鹿児島、第41回日本作業療法学会:市民公開講座で講演(鹿児島市民文
  化ホール・第2ホール)
   県外からの参加者が私の拙いスピーチを静かに熱心に聞いて下さって、とても
  嬉しかった。また、なかにはこれから作業療法士になる学生の皆さんもいて講演
  後にはロビーで学生の皆さんが何か言いたそうにして、優しげに私たち家族を見
  送って下さっていた。
   そんな若い作業療法士さんがたくさん増えることを祈っている。
   私に松谷みよこさん作『もう、ねんね』の大きな犬のぬいぐるみを下さった母
  の友人の方も来られて、涙を流されていた。

   

トップページに戻る