Diary(思い出の記録)Vol. 5
  <07・1月〜8月>

2007・1月7日
    ボローニャ国際絵本原画展(長島美術館)
    新年最初の美術館巡りのこの日は最終日ということあり、美術館へ上る坂道は渋滞でなかなか車が先に
   進まなかった。小さいお子さん連れの家族も多く、中は混雑だった。詳しくは
美術館巡りPart2をご覧下
   さい。
   〃,9日、父方の祖母の百歳を祝う誕生祭(鹿児島市内のグループホーム)
     久しぶりにいとこたちと会う。
     祖母の孫やひ孫たちもたくさん集まって、伯父の作った刺身に舌鼓しながらとてもにぎやかだった。

 
  〃,13日、私が小さい頃に読んだ絵本たちをひとつにまとめたNetwork for Life & Heart <Ehon no KAI
    AYA>ーA Picture book Group AYAー
(いのちと心をつなぐネットワーク「えほんの会 AYA」)をHPに

    更新することができた。これからも試行錯誤ながら充実していきたいと思う。
     詳しくは
「えほんの会AYA」をご覧下さい。
   2月16日
    母方の姉で最愛の伯母の七回忌(鹿児島市内の西本願寺)
    久しぶりに伯父・伯母、いとこたちと会うことができた。また、叔母の元の洋装店の方たちも見えてい
   て懐かしかった。
  
 〃、全国障害者問題研究会(全障研):機関誌「障害者問題研究」(特集号)の原稿を脱稿。
     決められた行・字数どおりに原稿を書くために何度も推敲・校正していき、大変な作業ではあったが、
    自分なりに学生生活を振り返ることができた。今年5月に掲載の予定。
 
  〃,20日、「ことば育ちは心育て」が中国語出版(台湾)に決定。
 
  3月4日
    神奈川から漫画家の河崎芽衣様が来鹿・取材。5日に続けて取材。
 
  〃,9日、N響(NHK交響楽団)のコンサート(宝山ホール)<鹿児島市民文化センター>
    
 音楽を愛する私たちにとってどの曲も生で聞けるのが一番の醍醐味だ。何度聞いてもドボルザークの
    「新世界」はインパクトがあってなんともいえない最高の夜のひとときだった。1階ロビーでいとこ夫
    婦とばったり会った。
 
  〃,11日、日本経済新聞大阪本社編集局・社会部の石井様、来訪・取材。
     実際にお会いした石井様はとても気さくで、素敵な方だった。
     18日付の医療面に掲載。
 
  〃,18日、第3回あいら福祉フェスティバル(姶良町中央公民館)
     大学病院時代の奥村元婦長さんや父のかつての生徒さんたち、また母の友人の方たちなどたくさんの
    懐かしい方たちともお会いすることができた。運営にあたった中学生の皆さんから大きな花束をもらっ
    た。
     大原雅代さんの個展を見に三宅美術館へ。
     偶然にも松田先生がおられ、絵やさおり織などを見る。どの絵も雅代さんの表情豊かな色彩で描かれ
    ていて心が和み、ほっこりした気持ちになった。なかでも雅代さん本人が私をイメージして描いた絵は
    私の特徴をよくつかんでいて恥ずかしさ半分、嬉しさ半分の気持ちがしてくすぐったい感じがした。
     (詳しくは
美術館巡りPart2を参照)それにしても私の横に描かれている青年は誰なのか、今なお不
    思議なところだ。
  
 〃,神戸市看護大学健康・行動科学の吉岡隆之先生よりお手紙が届く。
     エッセー集『夢紡ぐ綾』が同大学の12年前の2007年(平成19)度入学試験問題の小論文(90分)・
    3月12日(後期日程)に出題・採用されたとのことだった。このような試験問題に出題されるとは思わ
    なかったので最初は実感が湧かなかったが、私のことが学生さんたちに少しでも理解してもらえたらと
    我が家にとってとても嬉しいニュースの一つとなった。
 
  4月 18年前の2001年、第16回障害者歯科学会での講演会でお世話になった前徳島大学歯学部教授の西野
     瑞穂先生よりモンゴル(ウランバートル)から絵はがきが届く。現地の健康科学大学で活躍中とのこ
     と。
   〃,昨年6月にスタートした第1回JDS(日本ダウン症協会)ダンデライオンの会(千葉県内のダウン症児
    親の会)の報告集「未来へのわたぼうし」が届く。
 
  〃,1日、両親の最初の本『走り来れよ、・・・・』に続き、3冊目となる『ことば育ちは心育て』(かも
    がわ出版)が中国語に翻訳され、台湾東販より出版される。詳しいことは私のHP
トピックスPart1をご
    覧下さい。
 
  〃,13日、大阪から母方の叔父・叔母が鹿児島へ。
     夕食で父は叔父とお酒を酌み交わしながらおしゃべりして大満足の様子だった。
 
  〃,14日、母方の叔父・叔母の七・十五年忌法要(鹿児島市内の西本願寺)
     久しぶりのいとこ達との再会。
     法要が済み、ついでにその足で父の車で笠沙へ。
     この日はとても天気がよく、夏を思わせる陽気だった。その中で輝く笠沙のエメラルドグリーンの海
    がきれいだった。
     ホテル内のレストランで、みんなで伊勢えびなどの刺身料理で舌鼓。とても楽しい幸せなひとときだ
    った。
  
 〃,17日、京都・かもがわ出版より『ことば育ちは心育て』の中国語版が届く。
  
 〃,19日、13年前の2006年、岐阜県での講演会でお世話になったダウン症児親の会「ピュア」(現:NPO
    法人岐阜ダウン症の会「ピュア」)の元代表・安達様より、私たち家族も入っているカレンダーや会報
    などが届く。
 
  〃,20日、フランス語の講義へ行く。
 
  〃,29日、全障研(全国障害者問題研究)の機関誌(特集号)ー「私の学生生活を振り返って」ーの原稿
    校正、終了。
 
  5月3日(憲法記念日)
    精神科医・香山リカさん講演会(鹿児島市民文化ホール)
    香山さんのお話から私たち若い世代に憲法のあり方を強く投げかけてくる問いかけが言葉の一つ一つに
   あり、私自身もその言葉に共感しながら聞き入った。
  
 〃,22日、日経(日本経済)新聞「駆ける」欄の転載記事の載ったJDS(日本ダウン症協会)の機関誌(6
    月号)が送られてきた。
  
 〃,25日、全障研(全国障害者問題研究会)の機関誌(特集号)「障害者問題研究ー大学における特別な
    教育的ニーズへの対応ー」ー発行。
 
  〃,26日、「障害者問題研究」編集部の梅垣様より特集号が届く。
     限られた字数での原稿書きは大変なものだったが、その専門的な充実した内容に驚きながらも送られ
    てきた研究誌を実際に手にしてこの雑誌に投稿できたことで一つの達成感を味わえた。
 
  6月14日
    ベストセラー『だから、あなたも生きぬいて』の著者・弁護士の川下(旧姓大平)光代様ご夫妻よりメ
   ールを頂く。
    メールの写真の中の悠(はるか)ちゃんの写真がとてもかわいい。現在はお元気ですくすく成長されて
   いるとのことだ。

   〃,15日
、国立南九州中央病院附属鹿児島看護学校(現:独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
    附属看護専門学校の学園祭でのスピーチ・交流。
     19年前の2000年にも講演で行ったことがあり、あの時の同じ場所でスピーチできてとても懐かしかっ
    た。当時おられたという現在の副校長先生が「あれからまたいろいろなことがあったのですね、とても
    感動しました。」と話され、私自身も胸がいっぱいになった。
     講演後には学校祭実行委員の学生さんから大きな花束をもらい、とても嬉しかった。
  
 〃,22日、第41回日本作業療法学会のレセプション(鹿児島サンロイヤルホテル)
     各県内外の病院から集まってこられた多くの先生方と初めてお会いすることができ、今回の学会の学
    会長で最終日(24日)の市民公開講座の司会をして下さる鹿児島大学医学部保健学科の岩瀬先生ともお
    会いすることができた。
  
 〃,24日(最終日)、市民公開講座講演会(鹿児島市民文化ホールー第2ホール)
     この会場には小児科保健学会、第21回鹿児島県障害者保健福祉大会の二つの講演会で来たことがあり、
    今回で3回目。
     会場に足を運んで下さった方々が私の拙いスピーチを静かに熱心に聞いて下さり、とても嬉しかった。
    なかにはこれから作業療法士になられる学生さんもおられた。
     このような機会を作って下さり、司会を務めて下さった大会会長の岩瀬先生、プログラム委員会担当
    の末広様、有難うございました! 
  
 〃,25日、第41回日本作業療法学会の記念講演会模様の記事が南日本新聞にカラー写真入りで掲載。電話
    やメールを頂いた方々に感謝!
  
 7月15日
     日本作業療法学会の講演内容がカラー写真入りで大きく掲載。 
  
 〃,19日、『走り来れよ、吾娘よ』と『夢紡ぐ綾ー母と娘のデュエットー』のコミック本『夢紡ぐ綾』が
    漫画化。forMrs.(フォアミセス)スペシャル9月号(7月19日発売)の巻頭に掲載。
   〃,カナダの絵本「スマッジがいるから」が5刷になる!!
   〃,26日、いよいよ北海道へ。
     旭川空港に降り立ち、富良野に向かった。

   

  〃,27日(2日目)、富良野でのラベンダーを満喫して旭川へ。
    旭川に一泊して、午前中に三浦綾子記念館や北海道伝統美術工芸村の優佳良織工芸館に行った。
   午後はフライングキッズなどの講演会。夕方、札幌へ。
  〃,28日(3日目)、洞爺湖を見て函館へ。
    五稜郭や石川啄木文学館など見学。
  〃,
29日(4日目)、飛行機で札幌へ。丘珠空港で岡本先生にお会いする。
    札幌市内見学。
  〃,30日(5日目)の午後、悠悠クラブの講演会。
  〃,31日、札幌から小樽へ。
    小樽文学館など、小樽市内を観光して新千歳空港へ。詳しくはトピックスPart3北海道紀行で。できる
   だけ早く紀行を書き上げて、バージョンアップしたいと思っている。

富良野・ラベンダー畑にて

トップページに戻る

 8月 NHK(日本放送協会)製作局・第1製作センター(文化・福祉番組)専任ディレクターの村田様、来訪。
   初めて会った村田様はとてもきれいな、素敵な方だった。NHK教育(現:Eテレ)テレビ「福祉ネットワー
  ク」で弁護士の川下(旧姓大平)光代様との対談のための取材。
 〃,23日ホテルニューオータニ大阪で収録予定。放送は9月5日予定。
 〃,5日、父方の祖母、101歳で天寿を全うする。
   通夜・葬儀とも、たくさんの方々が参列して下さった。いとこや母方の親戚も駆けつけてくれた。
   特に私たち家族を心配していた祖母。いよいよ献花の時、祖母との想い出とともに溢れてくる涙を抑え切
  れなかった。でも、祖母は千の風になって見守ってくれていると思う。